Coffee Break

息抜きをかねて、写真や自分が気に入っているもの、欲しいものの記事を書いています。

ランニング中、膝の痛みに困ったら、膝サポーター 「ザムスト」シリーズがおすすめ

f:id:takataka2019:20190524012445j:plain

今回は普段ランニングをするときに着けている、膝サポーター「ザムストEK-3」の使用レポートです。

昨年、ハーフマラソンに出るため、練習かねて20kmを走ってみたんですが、無理をして走ってしまったせいで、右膝の内側を痛めてしまいました。

困った!一定距離を走ると膝が痛くなってくる

膝を痛めたのは大会の3週間前でしたので、1週間走るのをやめ、膝の回復に専念しました。膝の少し良くなったので、練習で走ってみたところ5km過ぎたあたりから、膝が痛くなってきました。完全に回復していないと思い、次は少し軽めに走りましたが、やっぱり5kmあたりで膝が痛くなってくる・・・もしかして5km足?
(昔、元プロ野球選手で凄いピッチャーだった江川さんは、選手晩年は100球位しか球威がもたず「100球肩」なんて言われていましたのを思い出しました)

膝サポーターを探す

一度痛めた膝は簡単には治らない。
一定距離を走ると癖になったように膝の内側が痛くなるようになり、困ってしまいました。マラソン好きの同僚に相談したところ、膝サポーターを着けるといいよとアドバイスをもらいました。さっそくネットで調べたところ、膝の痛み具合で色々なサポーターがあることがわかりました。サポーターもいろんなメーカーや種類があり迷いましたが、結局、膝全体をしっかりとサポート出来るタイプの「ザムストEK-3」をチョイス。ザムストのシリーズは種類がありますが、EK-3はランニング用に適している感じがしています。購入時に注意するのはサイズです。小さ過ぎ、大き過ぎはNGなので、購入前に足の太さを図ってピッタリなサイズにしないと、着けている意味がなくなりますので、注意が必要です。

 

サポーターを着けていれば安心

このザムストEK-3を着けて走ってからは、膝の負担がかなり軽減されるようで、今のところ走っても痛くなっていません。

今年も練習で10km程度走っていますが、膝の痛みは出ず、快調に走れています。
6月はハーフマラソンに参加予定なので、このザムストEK-3を着けて走って、完走しますよ!

f:id:takataka2019:20190526133749j:plain