Coffee Break

息抜きをかねて、写真や自分が気に入っているもの、欲しいものの記事を書いています。

勉強におすすめのシャープペン ぺんてるオレンズネロ

f:id:takataka2019:20190707120134j:plain

息子が悩みに悩んで選んだ高級なシャープペンシル『orenznero』
使ってみたら、予想以上に使いやすくて気に入ったと喜んでいたので、こっちまで嬉しくなりました。これで勉強がはかどり、成績がグ~ンと上がるなら、安い買い物だと思えるんですけどね。

2017年2月発売の究極の逸品

オレンズネロは2017年2月に発売のシャープペンシルです。発売後は税抜3,000円という価格にもかかわらず大ヒットとなり、暫くの間、文具店の店頭では品不足が続いていた人気商品です。
ぺんてるが「半世紀にわたり追求してきたシャープペンシル技術を結集した究極の逸品」と言い切る、そのシャープペンシル『orenznero』です。

価格が高いのには理由がある

オレンズネロはメカと素材にこだわっていて、部品点数がかなり多くなっています。それなのに、ほぼ手作業で組み立てているのと、デザイン面にもこだわったシャープペンシルとして高額な価格となったようです。価格だけでみると高いですが、こだわり&手作業で組み立てていると聞くと、価格が高くても仕方ない部分があるんですね

そうそう価格が高いだけあって、オレンズネロには1年保証が付いているんですよね。保証がついたシャープペンシルは初めてなので、これはビックリしました。

持ちやすさにこだわり

オレンズネロで一番気に入っているのは、ペンを持った瞬間に感じる絶妙な重量バランスです。低重心でありながら重過ぎず、扱いやすいように考えて設計されているのが、使ってみればわかります。

f:id:takataka2019:20190707120157j:plain

自宅にある調理用の秤で重さを測ってみました。

①orenz nero       重さ17g
②orenz METAL GRIP 重さ13g
③普通のシャープペン      重さ10g

オレンズネロが一番重さがありますが、重量バランスが丁度よいので逆に少し重たいほうがよいみたいでした。

オレンズといえば自動芯出し機構

オレンズシリーズといえば、自動で芯を送り出す「自動芯出し機構」です。最初に使うときに芯が出るまでノックをするだけで、あとはペン先のパイプが紙面から離れるたびに自動で芯を出すので、ノックすることなく書き続けることができます。
実際、この自動芯出し機構が便利過ぎで、もう他のシャープペンシルは使いたくないと思うくらい便利でした。

ちなみに、ぺんてるオレンズネロのテストでは、太宰治の「走れメロス」(約10,000文字)を書き写すことができたそうです。 

ぺんてる高性能シャープのDNAを継承

歴代のフラッグシップモデルには「ブラック」「12角形軸」「細身ボディ」のいづれかの特徴があります。当然ながら、オレンズネロぺんてるのシャープペンのフラッグシップとして、そのDNAを受継いでいます

左から読んでも右から読んでも『orenznero』

オレンズネロをアルファベットで表記すると『orenznero』ですが、左右どちらから読んでも同じなのは気がついていましたか?
これは偶然ではなく「自動で書き続けられる」ことと、イタリア語の「nero(黒いという意味)」を込めて、このネーミングに決めたそうです。
ネーミングって、商品の売れ行きにも影響すると思うので、こういうのを考える人って素晴らしいなって、いつも思っています。

 オレンズネロのオーナーになろう

ぺんてるではオレンズネロのユーザーのことをオーナーと呼んでいるようです。
究極のこだわりと一本一本丁寧に、ほぼ手作業で作っているオレンズネロの使い心地の良さと持っている優越感に浸ってみてはいかかでしょうか。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村