Coffee Break

息抜きをかねて、写真や自分が気に入っているもの、欲しいものの記事を書いています。

オーブントースターはラッセルホブス 7740JPがおすすめ

f:id:takataka2019:20191104203433j:plain

トースターの調子が悪くなったので、新しいトースターに買い替えました。
今回一番外せなかった一番のポイントは、一度にトースター4枚とピザ一枚が焼けることです。次にデザイン大きさを優先にして検討した結果、Russell Hobbs(ラッセルホブス)の7740JP-BKに決めました。
いま、このトースターで焼いたパンを、毎朝、美味しく食べています。

 

一度に4枚の食パンとピザ一枚が焼けるのがいい!

家族全員分が一度に焼けるので、全員揃って焼きたてのパンを食べることが出来るのが気に入っています。また、ピザもよく食べるんですが、今までは半分に切らずに、まるごと一枚入るのが便利。これが、食パンが4枚焼けるトースターにこだわった理由です。ちなみに、大きさは奥行きはありますが、幅はそれほど大きくないので、置き場所には困りませんでした。(7740JP-BK 幅34.5×奥行33.0×高さ22.0cm)

美味しく焼くために、三つの異なるヒーターで熱を効率的にコントロール
熱は上にのぼる性質があるため上の570Wに比べて下を630Wと出力を大きくし、手前はドアから熱が逃げやすいため350Wの一番大きな出力に。あわせて、庫内奥の形状を斜めにすることで熱が中央に向かって反射され、庫内の温度を均一にしてパン両面をしっかり焼き上げます。

f:id:takataka2019:20191105031552g:plain

 

デザインがシンプルなのがいい!

ラッセルホブスは電気ケトルのブランドでは有名で知っている人は多いかもしれませんが、トースターでは以外と知っている人は少ないかもしれません。
どのトースターも同じようなデザインのはずなんですが、7740JPってお洒落で格好良いい感じで気にいっています。角や取っ手の部分は少し丸みがあり、文字はロゴとツマミに少しだけのシンプルさがいいのかもしれません。そして、今回選んだ色は『キッチンアイテムを黒に統一してモダンなインテリアに』をコンセプトにしたMat Black seriesのマットブラックを選んでみました。
『道具を⿊に変えるだけで⽣活感が軽減してモダン⾒え、⾼級な雰囲気すらかんじるようになります。』の言葉通り、キッチンの奥に置くのではなく、インテリアとして見える場所においても良いくらい格好いいです。

f:id:takataka2019:20191105030153j:plain

ラッセルホブス
品質の高さやデザインのみならず、技術力の面で非常に優れたブランドとして知られ、ヨーロッパ、アメリカをはじめ世界各国で高い評価を得ているイギリスの代表的な調理家電ブランドです。
  hp:https://russellhobbs.jp/

 

手入れが楽なのがいい!

パンくずが落てたままにして、焦げの臭いがしたり、汚れを放置しておくと見た目がよくないですよね。このトースターなら扉が取り外せるので、庫内や扉のガラス面を外すことが出来るので、楽にお手入れが出来るのがグットポイントです。

 

ライバルのオーブントースターは?

やっぱりBALMUDA(バルミューダ)が一番といいたいところですが、食パンは一度に2枚しか焼けないので、魅力的ですが今回は候補外。
一度に食パンが4枚まで焼けるトースターは以外と選べる種類が少ないものの、今回は他に3つの商品で迷いました。どれも甲乙つけがたいところがありますね。

Delonghiデロンギ

好きなメーカーとデザインが良いので欲しかったのですが、横幅があり我が家のキッチンに置くことが出来ず断念。

一番スタイル・未来・エレガンス・高潔さをコンセプトとした家電シリーズ「ディスティンタコレクション」のデロンギのニュー・クラシック
M字型シーズヒーターを下部ヒーターと遠赤外線効果で中の水分を保ったまま、表面をカリッと焼き上げるとことが出来る。
安全性ではヨーロッパ基準で、二重構造のドアと断熱構造で表面温度を低減している。
  本体サイズ:43.5cm×22cm×34.5cm

 

ALADDIN(アラジン)

レトロな雰囲気の可愛らしいデザインがよくて、これも迷いました。

わずか0.2秒でパッと発熱する遠赤グラファイト搭載のグリルトースターと下部ヒーター3本で庫内をムラなく温めるため、トーストがサクッと美味しく焼けるのが特徴。また、設定温度は100℃~280度まで細かく温度を調節することが出来るので、お弁当のおかずなど幅広く使うことが出来ます。
  本体サイズ:幅36cm×奥行35.5cm×高さ25cm

 

siroca(シロカ)

値段が手頃で機能性能も悪くなさそうでしたが、今回は見送り。

機能も場所を取らず、コンパクトなのに庫内ひろびろ。トーストが同時に4枚、ピザなら最大25cm(10インチ)まで焼くことができ、80℃~250℃まで無段階で自由な温度設定ができます。
  本体サイズ:幅34×奥行31.6×高さ22.1cm

 

気になった点

使っていて不満は特にないですが、あえて一つだけ。
最初に使ったときに、タイマーのダイヤルを回して戻そうとしても、戻らないで焦りました。戻すことが出来ないんだと思い、食パンが焼き終わってからもタイマーが回りっぱなしで、ずーっとジジジッと動いていました。
ちょっと失敗したかなと思い、ネットで調べて解決しました。

タイマーのダイヤルを5分以上回すと、ダイヤルを戻すことが出来るようになっていました。ただダイヤルが固いので少し力を入れないと回りませんが、知っていれば問題はありません。 説明書を読まないと駄目ですね(反省)

 

まとめ

オーブントースターは色々種類がありますが、どの商品が美味しく焼き上がるのか、すべてを比べる事ができません。たぶん、焼き上がりにそんなに大きな違いはないと思います。選ぶ理由はそれぞれ違うと思いますが、今回は食パン4枚が同時に焼けるトースターが欲しかった以外に優先したのはデザインと大きさでした。
購入したラッセルホブス 7740JPは、デザインと色、焼き上がり、どれも満足しています。買ってよかった!

 

 
 

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村